Circuit Bending 世紀マ3 My music instruments hacks & collection

2007年ごろより東海地方を中心に現在も活動中の、楽しい和太鼓と缶カラ三味線とサーキットベンドのバンド 「世紀マ3」のサーキットベンディング担当です。 ライブで使う楽器をGoogle Photoに全て掲載しているほか、一部の楽器の制作過程をYoutubeでも公開しています。 モノが見たい、など問い合わせありましたら、Twitterへお願いします。

レポート

フィンランド旅行① VRの寝台列車はすごかった

今回はサーキットベンディングやバンド活動とは関係ない話です。 一生に一度の慶事休暇というものを使い、フィンランドへ旅行に行ってきました。「寝台列車に乗ってみたい」という思いが以前からあって、なんとなく国内の寝台列車を調べていたのですが・・・…

NT名古屋でよく質問された、「これはなんですか?」と、謎のラジオとの運命的な出会い

去年に続き、NT名古屋に参加してきました。 NT名古屋2018 - PukiWiki MakrFaireTokyo2018では家にあるほぼすべてのサーキットベンディングした電子楽器を持っていきましたが、NT名古屋ではゲームボーイをメインに出展しました。 このNT名古屋でよくあった質…

NOISE TOASTERキットで自分だけのシンセを作ったはなし

Make:の書籍で知って、以前から欲しいな〜と思っていたNOISE TOASTERのキットでアナログシンセサイザーを作りました。 そもそも書籍を読んだ当時は、漠然とほしいなあと思っていただけだったのですが、MakerFaireTokyo2018の秋月電子のブースでキットが売ら…

MakerFaireTokyo2018でのサーキットベンディング展示風景

先日、2度めのMakerFaireTokyoへ参加してきました。 当日来れなかった人のために、今回はその時の写真をお見せします。 思えば2016年のOgakiMiniMakerFaireにふらりと立ち寄り、いろいろな作品を見るうち、バンドで使うための家にある楽器もまあ自作の楽器だ…

サウンドパフォーマンス・プラットフォーム2018での世紀マ3

2018年2月10日(土)と12日(月)に愛知県芸術劇場小ホールで行われたサウンドパフォーマンス・プラットフォーム2018。その記録写真が満を持して劇場から送られてきました。当日の撮影は、羽鳥直志カメラマンに行っていただきました。 「拝啓、高架下より」…

ゲームボーイ64台は重い

ふと気になったので調べてみました。 #本体の重さ 公式によると220gとのこと。 https://www.nintendo.co.jp/n02/dmg/hardware/gbtaihi/index.html #ソフト 24gだそうです。 #乾電池 アルカリ電池は、1本24gだそうです。4本で96gですか。 ゲームボーイ1台あた…

古いゲームボーイをなんとかする

古いゲームボーイを開けたところ、ホコリやら猫あるいは犬の毛やらクモの巣、はては虫の死骸くらいなら平気で見てきましたが、基本的に外装も汚れていることが多いです。 ゲームボーイを掃除する 日に焼けてしまった外装は、台所用の漂白剤に浸し、日光に数…

カラオケファンタジーというカラオケ採点機について

まず私はサーキットベンディングの素材を手に入れる際に、商品名+circuitbentとかでググって先人がいないかを確認します。いたらそれなりに参考にさせていただきますし、いなかったとしても、そのモノ自体の基本的な操作方法を知り、そのモノが何なのかを知…

ファン・デ・名古屋 2017.12 fiction friction 展でのライブの話

2017年12月10日(日) ファン・デ・名古屋 2017.12 fiction friction 展関連イベント 世紀マ3のライブパフォーマンス 会場 名古屋市民ギャラリー矢田4F 第1展示室 日時 12月10日(日)16:10〜16:40 無事、終了しました。今回は、和太鼓と三線を使わずに、…

養老アート・ピクニックにおける、ベンダースリーの話

11月18日(土)19日(日)岐阜の養老公園で行われた「養老アート・ピクニック」。 kaseoさんと中田粥さんとこの私が「ベンダースリー」となって2日間(期間中ずっと)サーキットベンディングものでパフォーマンスをし続けるというすごい企画でした。中田さ…

REAKTORの思い出(mewark-stoderaft)

何と読むんだろう、わかんないので、エムイーワークストデラフトって呼んでました。これReaktorで作ったパッチらしいのですが、当時衝撃を受けました。「こんなことできるんか!!」 LazyFishという人が当時作った作品。NIのサイトでダウンロードできたよう…