Circuit Bending 世紀マ3 My music instruments hacks & collection

2007年ごろより東海地方を中心に現在も活動中の、楽しい和太鼓と缶カラ三味線とサーキットベンドのバンド 「世紀マ3」のサーキットベンディング担当です。 ライブで使う楽器をGoogle Photoに全て掲載しているほか、一部の楽器の制作過程をYoutubeでも公開しています。 モノが見たい、など問い合わせありましたら、Twitterへお願いします。

カシオのデジタルギターをベンド

カシオのSAシリーズなどはサーキットベンディングの素材としてよく知られていますが、私がサーキットベンディングにハマったきっかけでもあるこの、CASIOのデジタルギターDG7は、かなりすごいグリッチをしてくれます。

サーキットベンディングというと、ピッチが変わったり、変な音がする「おもちゃ」というイメージがあったのですが、このDG7のおかげで「電子楽器」のほうが面白いと閃くきっかけになりました。電子ギターは、自分としてはおもちゃと電子楽器の橋渡しだったわけです。

まるで2000年代のオウテカのような、めちゃくちゃな音がずっとなり続けます。これはひょっとして、本人たちもこの手法で作曲してたんじゃないか?と思い、聴き比べて見ましたが、こんな曲一つもありませんでした。


これは、2年ほど前に撮影しDG1という旧型のギターのサーキットベンディング中の動画です。私の場合は、一つ秘孔を発見したらそれで満足なので必要最低限のスイッチしかつけていません。