Circuit Bending 世紀マ3 My music instruments hacks & collection

2007年ごろより東海地方を中心に現在も活動中の、楽しい和太鼓と缶カラ三味線とサーキットベンドのバンド 「世紀マ3」のサーキットベンディング担当です。 ライブで使う楽器をGoogle Photoに全て掲載しているほか、一部の楽器の制作過程をYoutubeでも公開しています。 モノが見たい、など問い合わせありましたら、Twitterへお願いします。

フィンランド旅行① VRの寝台列車はすごかった

今回はサーキットベンディングやバンド活動とは関係ない話です。

一生に一度の慶事休暇というものを使い、フィンランドへ旅行に行ってきました。「寝台列車に乗ってみたい」という思いが以前からあって、なんとなく国内の寝台列車を調べていたのですが・・・やはりせっかくなので、海外ではどうだろうとなりました。ちなみに私は旅慣れておりませんし、英語も楽器のマニュアルならなんとか読めますが、ろくに喋れません。

f:id:banzainuigurumi:20181103193235j:plain

フィンランドにした理由は、大好きな美術作家さんが撮影した写真の作品が縁あって我が家にあり、その風景がフィンランドの鉄道の中から撮ったものだという話を聞いたからです。その風景に会えるかどうか?を一つの目的にしていました。

さて、フィンランドの北極圏といえばオーロラ観測が期待できます。ネットで見た、ガラス・イグルー(ガラスでできたドーム)に泊まってオーロラ観測ができるカクシラウッタネン北極リゾートにも、話のネタに行ってみようとなり、

goo.gl

まずは期間を10月27日〜11月3日までと決め(最後の日曜日はゆっくりしたいので・・・)真っ先に航空券だけとりました。妻が。

そもそもツアーとかではないのでベタに地球の歩き方を買いに行きました。ただ、フィンランドで一冊、ではなく北欧4カ国まとまったものしかなさそうでしたがそれらを参考にしつつ、以下のようにざっくりと計画を立てました。

旅行の計画

1日目

ヘルシンキ観光

セントレアからヘルシンキへ到着して、とりあえず一泊

2日目

ヘルシンキ観光と寝台列車

美術館や世界遺産スオメンリンナ島へ。その日の夜、寝台列車でロヴァニエミ(電車で行ける最北の拠点)へ移動(12時間!)

3日目

ガラス・イグルーでオーロラ観測

ロヴァニエミからバスでサーリセルカのカクシラウッタネン北極リゾートへ行きオーロラ観測

4日目

ロヴァニエミ観光

ロヴァニエミへバスで戻り、サンタクロース村とか、運が良ければオーロラも見れるというロヴァニエミ観光

なお、件の美術作家さんは数年前このロヴァニエミに滞在していたとのこと

5日目

長距離列車でヘルシンキ

ロヴァニエミから電車でヘルシンキへ(約10時間)時間があるので、残りヘルシンキで何がみたいか考えたり、本を読んだり、ボーっとする

6日目

ヘルシンキ観光

ショッピングセンターとか、北欧雑貨さがしとか、ヘルシンキ市街地を歩いたりなど

7日目

ヘルシンキ観光

買い物の続きをしてセントレアへ・・・

 

こんな感じです。結果から言うと、とても良い旅行になりました。特に北極圏のサーリセルカやロヴァニエミへは国内線を使う手もあったのですが、当初の計画どおり夜行列車や長距離列車でたっぷり時間があったので、途中で色々寄り道を考えることができました。

また、このサイトで色々調べました。よくできていると思います。10ヶ国語ぶんあり、日本語版もあります。

www.visitfinland.com

10月末のフィンランドの気候

気になっていたのは、10月末頃のフィンランドの天気です。調べたところちょうど10月末くらいから冬到来となるようで、雪も降るか降らないか、、、といったところ。要するに氷点下です。なお、白夜は夏だけですし、極夜でもありません。ただ、日照時間は短いとのこと。オーロラも基本的に晴れていないと見れないようですが、そればかりは運任せですね。ちなみにありがたいことに件の美術作家さんにも、いろいろメールでフィンランドのことについて聞かせてもらえました。

服装

 氷点下にはなりそうなものの、あまりかさばる服装は避けたかったのと、傘を持っていくのが嫌だったので、死ぬ気でゴアテックスを新調しました。

www.goldwin.co.jp

このノースフェースのガジェットハンガーフーディーというものは、ポケットがめちゃたくさんあってトラムのチケットや、ケータイ、手袋などいろいろ放り込めて確かに便利でした。ただし、ゴアテックスだけでは暖かくはないので中にセーターを着ておりました。妻はN-2Bジャケットを着ていってました。

なお、今回の旅行は電車やバスの移動が多めなのでバカでかいスーツケース一つで行くのはやめて、お互い機内持込可能なレベルのスーツケースというかキャリーバッグにしました。

1日目 ヘルシンキ観光

初日は市立公園近くのホテルに直行し、宿泊しました。なお、フィンランドの入国審査ですが、「何が目的できたのか?」「何日間滞在するのか?」「どこへ行くのか?」「一人できたのか?」とイギリスの入国並みに英語でいろいろ聞かれて少しだけ焦りました。ちなみにほとんど英語で大丈夫です。ちなみに私は喋れません。妻がほとんど喋ってくれました。

f:id:banzainuigurumi:20181103225710j:plain

ヘルシンキ中央駅です。

降りた途端、ホームでタバコを吸い出す人が多数いて、屋外でのタバコは結構自由なんだなと感じました。女の子だろうが歩きタバコしていました。ただ、屋内は禁煙で、逆にホテルだろうが食事するところだろうがバーも一切、吸える施設は見当たりませんでした。

f:id:banzainuigurumi:20181103225740j:plain

北欧 =クリーンなイメージがありますが、喫煙率は高いな〜と思いました。歩きタバコとかは普通にみんなやってました。タバコはめちゃ吸いやすいと思います。トイレは小便器の位置が高くて少し背伸びしないと・・・というところもたくさんありました。

エロマンガというパン屋があるという噂を聞いていたので、ホテルのすごく近くだったので見に行きました。ただ、日曜日は空いていませんでした。このエロマンガさん以外にも日付によって開店時間が違うので、店頭で確認したほうがいいです。

f:id:banzainuigurumi:20181103225724j:plain

そして、もう一つ紹介したいのはフィンランドにしかないHESBURGER(ヘスバーガー)というチェーン店です。滞在中、2度ほど世話になりました。ふつうに美味しいです。

f:id:banzainuigurumi:20181103231340j:plain

日も暮れてくると人通りは減ってきます。日本のようにパーキングはありませんので、皆路上駐車です。なお、大きな通りだろうが、横断しようとするとほぼ100%気づいてくれて、渡る歩行者のために道を譲ってくれます。これは感動しました。

f:id:banzainuigurumi:20181103230753j:plain

写真はだいたいこのあたりを一本はずれたところ。

メルセデスアウディBMWボルボ・・・トヨタマツダ、三菱、日産など、アメ車以外のいろんな車にみんな乗っています。ただロンドンに行ったときも思ったのですが、日本人のように洗車しません。ポルシェだろうがアストンマーチンでも泥だらけです。ホテルのリムジンとかタクシーはきれいですけど。

f:id:banzainuigurumi:20181103230715j:plain

ヘルシンキ中央駅前はきれいなデパートや路面店がたくさんあります。

マリメッコイッタラはもちろん、HABITATもありましたが行くの忘れました。

f:id:banzainuigurumi:20181104020119j:plain

ちなみに、名古屋の税関でタバコ(アイコス)を買おうとしたのですが、ふと目にしたプルームテックに手が伸び、買ってしまいました。旅行中に吸い方のコツを会得し以降、プルームテック派に切り替わりました。どの街でもホテルでは禁煙ですが一歩外へ出ればみんな同じように吸っているので、吸う場所には全く困りませんでした。

2日目 ヘルシンキ観光と寝台列車

朝早めに起きて、スオメンリンナ要塞へ向かいました。マーケットスクエアから船が出ています。なお冬場の日曜日は全くマーケットは出ていませんでした。

f:id:banzainuigurumi:20181103232100j:plain

船で15分くらいで到着します。ちなみに船上は、いくら屋外とはいえ流石にタバコを吸ってる人はいませんでした。何が言いたいかというと、屋内でタバコが吸えないぶんフィンランド人はスキあらば屋外でタバコを吸っている印象です。島はかなり広いので、隅々まで見て回ろうとすると大変なので、島の先端の要塞を見て回りました。

f:id:banzainuigurumi:20181103232145j:plain

かなりいかつい石垣で、SkyrimとかWitcherとかの世界のようです。

f:id:banzainuigurumi:20181103232213j:plain

朝10時くらいなのですが、早朝のようでいて、昼下がりのようななんというか晴れているのですが鬱蒼とした日差しというか、もうすぐ日が暮れそうな感じがしました。

f:id:banzainuigurumi:20181103232633j:plain

f:id:banzainuigurumi:20181103232242j:plain

空がとても広いです。

夜行列車の出発前に、Kiasmaという現代美術館に行きました。一部展示の撮影もOKでした。

f:id:banzainuigurumi:20181103233650j:plain

f:id:banzainuigurumi:20181103233647j:plain

アン・ヴェロニカ・ヤンセンズというイギリスの作家の展示がやっており、光とかがテーマのわりとわかりやすい展示でした。その他、おそらく所蔵作品で構成されている展示もやっておりました。街のどまんなかにある美術館なのに、日本だとだめだろうな〜というバイオレンスな作品も展示されており(もちろん注意書きもある)見ごたえがありました。図録も買っちゃいました。

次に・・・フィンランド リサイクルショップ で検索してUFFというリサイクルショップを知りました。

ヘルシンキに何店舗かあり、洋服がメインということですが、万が一なにか楽器がないかと思い、見に行ってきました。

結局楽器などは売っておらず、古着しかおいてありませんでした。その量はそれなりのものですが、名古屋の大須にある古着屋とそこまで差は感じれませんでした。確かにフィンランドの古着なのでものは違うと思うのですが・・・なんというか扱ってるモノが似ているのでそこまで心躍りませんでした。

また、ヘルシンキ大聖堂にも行っておきました。

f:id:banzainuigurumi:20181103232959j:plain

f:id:banzainuigurumi:20181103232846j:plain

このように買い物を後回しにすれば、ヘルシンキにあるモニュメントはだいたい1日でまわれるのではないでしょうか。逆に、古着屋とかアンティークショップを回りたいのであれば、それなりに時間がかかると思います。

さて今回のメインイベントの一つ、フィンランド鉄道VR寝台列車です。

f:id:banzainuigurumi:20181103233124j:plain

寝台車はかなり背が高いです。人生初の寝台列車でテンションが上がりました。

予約に際しては、下記のサイトを参考にさせていただきました。

etravel.ciao.jp

ちなみに、行きは夜行、帰りは昼行となります。昼行の列車でもヘルシンキまで戻るには9時間かかりますが、食堂車などがついているわりとしっかりした列車のようです。

さて。乗り込むときは自分で外から扉を開けるボタンを押します。

f:id:banzainuigurumi:20181103233128j:plain

2階の部屋を予約しました。ヘルシンキからは隣の人はいませんでしたが、徐々に部屋が埋まっていきます。

 

f:id:banzainuigurumi:20181103233701j:plain

WiFiの文字が非常に安心感があります

f:id:banzainuigurumi:20181103234347j:plain

個室内にはベッドが2つと、窓と椅子、小さなテーブルが一つ。VRのパッケージのミネラルウォーターも2本ありました。VRロゴ入りのタオルや布団のパターンもおしゃれです。

f:id:banzainuigurumi:20181103233706j:plain

トイレもついていて、なんとその壁を忍者屋敷のように手前に引くと扉のようになっており、トイレがそのままシャワールームになる仕掛けになっていました。

なお、隣の声やトイレの音などは意外と聞こえませんでした。

f:id:banzainuigurumi:20181103234046j:plain

f:id:banzainuigurumi:20181103234358j:plain

f:id:banzainuigurumi:20181103234033j:plain

ボタンを押すと、程々に熱いお湯がすぐ出てきました。一定時間経つとお湯が止まります。

決して広くはなくゆったりはできませんが、この客室の工夫に感心させられます。電気を消すとよく見える外の風景が次第に雪景色になっていき、どんどん北上しているのがわかります。1時間も走ると外は真っ暗なのですが、電車の架線がスパークしまくったり、他の客室の明かりが外の風景をほんのり照らしてくれます。気づいたら寝てました。

f:id:banzainuigurumi:20181103235154j:plain

つづく

centuryma3.hatenablog.jp